ライター : 大学4年。性悪小娘。相変わらずの毒舌だが、そんな僕にも春が訪れそうだ。そろそろアングラの世界からも足を洗おうと思う。少しずつ前に進もう。悲観する過去は、消し去ってしまおう。
by inner-_-space
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ:Diary( 89 )
空虚
毎年恒例のディベート大会。
去年は、引き分け。
今年は、なんとか勝つことができました。

といっても、事前の準備の割には思ったことが言えず
私に対しての質問なのに、他の人の付けたしで答えるなど
納得がいくものではありませんでした。

だけど、どういうわけでしょう?
4年生の同情票でしょうか
なんとか勝てたって感じです。

私は 出来の悪い先輩のお手本 として
得意技を披露してしまったので
ホントに恥ずかしく思います。反省。

4年生を送る会を経て
現3年生の私はあっという間に4年生になってしまう。
仲の良かった先輩方はもういなくなってしまう。

さみしいのと先輩らしくない私が最上級生になることに
すごく不安を覚えます。
そして最近、再び自覚が芽生えた就職活動。

どうなるか分かりません。
もしかして内定取れないんじゃないかという闇の声がウザイです。


あと、最近私の光と影の部分が倒錯して苦しいです。
[PR]
by inner-_-space | 2006-01-22 22:01 | Diary
powder snow
セミナーの参加のためのエントリー書いてます。
業界研究の中で、興味を持った別の会社をかけって言われてもねぇ。
御社しか興味ないのよ的なことは通用しないので

必死こいて書いてます。。。
っつーか200字すら書けないなんて↓↓↓

明日ミレナリオついでに
旅に出るので
今書かなきゃいけません。




レミオロメンの粉雪


ヤバイっすよ。あれ。


替え歌作る気も無くなるほど
優しい曲。


あの切ないメロディ路線には
誰も敵いませんよ。


ファンとかじゃないけど
レミとかAcidmanとかのエモコア系アーティストの動向は
チェキっとかなければなりませぬ。



藤巻 ねえ 心まで深く魅了させるなら
優しい詩と切ないメロディは 何処から来るのかい?
[PR]
by inner-_-space | 2005-12-28 01:23 | Diary
年賀状。
今年も年賀状は10枚になるだろうな。
一応、ちゃんと生きてますの報告と住所変更なしの一環で。

中学の時は調子こいて100枚書いたこともあったけど
そんなに書いても返ってこないことの方が多いし。

高校を辞めてから
割と親しかった子からは来るだろうなぁと思って書いたけど
金の切れ目は縁の切れ目のごとく
僕に来る年賀状は親族と近所の子と小学校の先生だけだった。

まぁいいさ。


最近は自分の写った写真を加工して載せてたりする。
いつ何が起きてもおかしくないご時世だから
急な訃報の時に思い出してくれればと思ってたりもする。


っつーかホントにネット使えないの最悪。
携帯から送ってるけどちゃんと届いてんのカナ。
[PR]
by inner-_-space | 2005-12-25 06:25 | Diary
一縷の望み
ノーパソが壊れそうだ。
なんとか息を吹き返してくれ。


フラッシュメモリでちまちまデータを移動させて
システムの復元やっても
なかなか復帰してくれない。


キミは僕の分身だ。
キミがいないと僕は何も出来ない。
キミは僕のすべてだから


就活の企業のメールもスケジュールも
僕のメンタルを支えるキミがいないと
僕は生きていけないよ。


ねぇ、頼むから
前のように戻ってくれ。




SI 俺達はいつでも 2人で1つだった 地元じゃ 負け知らず そうだろ
SI 俺達は昔から この街に憧れて 信じて生きてきた

なぜだろう 思い出した景色は 旅立つ日の綺麗な空 抱きしめて


SI 俺達はあの頃 辿り着いたこの街 全てが手に入る気がした
SI 故郷を捨て去り でかい夢を追いかけ 笑って生きてきた

これからも 変わることない未来を 2人で追いかけられると 夢見てた



青春アミーゴ / 修二と彰



青春アミーゴか。イイナ。
[PR]
by inner-_-space | 2005-12-24 08:53 | Diary
人身事故(グロテスクな表現を含みます。苦手な方はご遠慮願います。)
この間ホームを歩いていたら
電車が参りますのアナウンスの直後に3回も警笛が鳴った。
そしてまもなくブレーキの音がした。


キキー!!


僕は音がした方向に走っていった。


反対側のホームに電車が半分だけ進入して止まった。
辺りがざわめき、ただならぬ雰囲気に包まれた。
運転席で慌てている運転士さんの無線が構内に響いた。


「○番線に至急願います」


なんか嫌な気がした。
僕の仲間がひとり逝ったんじゃないかと
そんな気がした。


「ただいま当駅にて人身事故が発生いたしました。」
アナウンスが流れた。


駅員さんが乗客に「飛び込んだところを見た方いませんか」と
聞いて回っていた。


誰?
学生?
こんな時間に自殺?


僕はその場から離れられなくなってしまった。
テレパシーなのか何なのか分からないけど
動いてはいけない気がした。


電車の中に閉じ込められた乗客
電車を待っていた乗客
安否を気遣う人

興味本位な野次馬

携帯を取り出して連絡を取る高校生
電車が遅れることにイラ付くサラリーマン

それは世の中の縮図だった。


先生は時たま轢死自殺の話をする。
鉄道の隠語で轢死体のことをマグロやタタキというが
まじで失礼だよ>先生


周囲の人に迷惑をかけるから、ぜひ別の方法にしなさい
そんな冗談笑えないよ。
自殺する人はみんな必死なんだよ。


救急車と消防車がやってきた。
粉々になった遺体を運ぶ為の担架と脂肪を洗い出すために
来たのだろう。


数日たってから
人身事故の詳細を知った。


亡くなったのは僕が辞めた高校の子だった。
現場は僕の地元。
愛用の常磐線で、彼は逝った。


線路に飛び降りて、しゃがみこんでいたのだという。
手も悴むほど寒いあの日に
その子は身も心も冷え切ってしまっていたのだろうか。


12月は僕にとって相性が悪い。
5年前の12月15日
忘れもしないさ 僕も飛び込もうと思っていたのだから。


サトミに衝撃的な一言を言われて
最寄駅のホームの端っこに立って
1時間に3本しか来ない電車を待って


アナウンスが流れる。
「上り列車が参ります。黄色い線の内側に下がって・・・」
僕は一歩ずつ進んで、身を乗り出そうとした。


あと一歩、が出せなかった。
先頭列車が僕の目の前を通り過ぎ、ホームに進入して行った。


覚悟を決めて、
轢かれるのは一瞬なのに最期の言葉まで考えて
荷物もすぐに放せるようにしていたのに


僕は最期の勇気がなかった。
それどころか、轢かれるはずの電車に乗って
ノコノコとミカラペトリの演奏会に行った。


電車は運動エネルギーや人の肉体にかかる圧力が自動車の比にならない。
急停車しても制動が低いゆえ
確実に逝ける。


現に20分に1人の割合で
桜の花びらの如く、一瞬に
仲間が散っていっている。


家に帰ると
母があまりにも他人事みたいに言っていたので腹が立った。
さりげなく「飛び込んだのが私じゃなくてよかったね」と言ってみた。


「何言ってるの!KAIがそんなことするわけないじゃない」


何を持ってそんなことが保障できるのか。
俺だって飛び込みたいと思う時だってあるし
手首を掻っ捌きたくなる時もある。


ママのために
今は大人しくしてあげるよ。




僕の目の前で起きた人身事故。
ヒトゴトとは思えなかった。


何処かの誰かが言ってたけど
「今」は「過去」の積み重ね。
あの時、飛び込もうとしてた僕が、曲がりなりにも生きてきたから今が在る。
「未来」の僕が在るために、「今」を生きなくてはいけない。


僕は、乗っていた電車で人身事故に遭遇したこともある。
武蔵野線の先頭車両に乗っていて
当たった時の鈍い衝撃の感覚を覚えている。


通学や帰宅途中で人身事故に遭遇するたびに
命の重さを痛感させられる。
心が痛む。


亡くなった遠い後輩よ・・・
来世は平和に暮らせるといいね
ご冥福をお祈りするよ


そして、がんばったね。
おつかれさま。



※筆者は自殺を肯定していません。
 かといって、この文章が自殺の抑止・防止のためのものでもありません。
 また、筆者の未遂経験をひけらかすものではありません。
[PR]
by inner-_-space | 2005-12-23 07:38 | Diary
TrUsh
3年生なのに
2年と馴染め無い。

女子なのに
女の子と会話が続かない。
男女関係なく喋れないだけだけど。


話せるのはどーでもいいタメか
ごく一部の先輩だけ。


研修旅行ってのは
表と裏の人格がすべて出ますからね。
僕が独りぼっちってのもバレるんですよ。

孤高の自虐少女でも善いんですが
強気でいるだけ疲労が増します。
俺の弱気な後ろ姿を見てて切ないなんて誰が思うでしょうか。

そうゆう姿を見られてしまう。
先輩にバレるのは構わないけど
後輩にバレるのは嫌です。

バスに乗り込んで独りとか
視察で待ってるときとか
俺の周りから去ってく人が多すぎて ウンザリです。


早く日本に帰りたい。


こっちは21時。
明日は一日観光だけど
僕は居ても居なくても宜しい人間のようです。

ウィンドーショッピングしてても誰も待ってはくれないし
先に行かれてしまいます。
他の人の心配はするのに、僕のことなんか誰も・・・。

去年の繰り返し。

好きでクールやおとなしめキャラやってるわけじゃない。
みんなのために演じてる。

がんばって泣かないようにしてますよ。
だって僕の涙は苦くて辛い思い出しかつくらないから。

bitter tears...


KAI(innerspace)@ミュンヘン
[PR]
by inner-_-space | 2005-11-04 05:44 | Diary
ES
某テレビ局のES締切になんとか間に合い
2日間の徹夜の反動で、 ずっと眠りこけてしまいましたとさ。
就職課のセミナーがあったのに、逃しちゃった。あーぁ。

こんなことしてられるのも今のうちなんだろうな。
2月3月には 膨大な量のESと戦う のだと思われる。
はぁー。考えるだけでも憂鬱です。

一発目だったから訳分かんなくて
ES送ってから後で本で読んだら
「企画の書き方は、こうである」みたいなことが書いてあって
微妙にテンション下がってます。

読んでおけば良かったって思うけど
読んだからって、即書けるわけないので、開き直るしかない。
やっぱり数こなさなきゃダメなんだと思う。

作文、企画、キャッチコピー、三題噺、・・・。
一回で、人事の人の心をグッとつかむ、というか
もう一度コイツと会って話ししたいなぁって思わせる文章なんて書けない。





某就活サイトの登録特典雑誌が届く。
イベント情報。
沢山の採用情報。

僕をとってくれる企業様なんてあるのかなーとか思ったり、してる。微妙に。
SPIのミニ適性テストの結果  哀しいかな
僕はマスコミがとっている適性と正反対の部類に入っていることが分かった。

マスコミは、基本的にどんな人がほしいとかじゃなくて
いろんなタイプの人を募集している・・・きくけどさ
あまりにも、ちょっとかけ離れすぎていたというか。

ごまかしてもいいけど、バレます。
正直に答えてもいいけど、要りません。
単刀直入にそんな感じ。





愚かに生きてました でもしあわせでした
恋は生きいそぐもの
かくせぬ想いです
月がにじんでいます
眠れぬ泪月


始まりはどこでしょう 終わりはどこでしょう
どうかとどめを刺して
生まれかわれません あなたがいないから(=ごまかしても意味無いから)
この世はひとり(=ひとりで勝ちとる)


あなた(=内定)しかいません 他にはいりません
生命と引き換えても
泣き叫んでいます 気が狂いそうです
かなしいよ泪月


泪月-oboro- / RUI


※大学受験の頃、滑り止め受ける時にずっと聴いていた曲でした。
 その時の「あなた」は「合格」でした。
 なんとなく重なります。
 「あなた=内定」を手に入れるために、私はがんばりますよ。
[PR]
by inner-_-space | 2005-10-18 21:48 | Diary
接客
いくらアルバイトでも、店の顔なんだから
「接客」を意識してほしい、と思う。

例えば、ある商品を探していて、在庫がないか、聞いているときに
「在庫があるかどうか、調べていただけますか」と聞いて、第一声
「はぁー」と答える店員は失格である。

お客が「お願いします」といって初めて
「あ、分かりました。調べてきます」というのも論外である。

ついでに、ちゃんと在庫確認しないまま戻ってきて
「ここにないとすれば、たぶん無さそうですね」なんて他人事のような言い方。
お前の店だろ? 接客業において、有り得ない。

慌てて、店長を引っ張り出してきたこの店員。

Me:「○○(←会社名)さんって、この沿線で、ほかに店舗ありますか?」と聞くと
店長:「うーん、そうですね。東京だったら、いろんなところにありますよ」
Me:「どこら辺にありますか」
店長:「東京のどの地域をお探しですか」
Me:「○○区とか○○区とかです。」
店長:「それなら、いっぱい、どこにでもありますねー大丈夫ですよ。」

なーにが、大丈夫だ?この、あほんだら!!
どこかって聞いてんじゃないか。

Me:「分かりました分かりました。インターネットで調べますから。」
店長:「あ、それがいいですね!!」

いいアイディアですね、みたいな表情。
この教育係あって、さっきの店員ありか。

普通、お役に立てなくて申し訳ゴザイマセンだろーが!!
最善をつくそうと努力の姿勢が見られないところが非常にムカつきました。
向こうがあまりにも、普通に、しているので
こっちが変なんじゃないかと、思ってしまうほどです。

100均とはいえ
接客は、高級店と同じくらいやってほしいものです。

在庫管理能力が無ければPOSも意味無いですから。
それだったら、わざわざレジ通さなくたって
暗算で十分でしょ。



って、ちょっと愚痴ってみました今日この頃。
[PR]
by inner-_-space | 2005-10-16 02:48 | Diary
就活
07卒採用ページが続々と・・・。

○テレとT○S。
○テレは先月からオープンしてて
早っ!!って感じ。
フ○テレビとテレ○朝日は中旬からみたいですけど。
N○Kは変化なし。

就活ブログではないので
どこあたりを受けようとか
セミナーに行ったとか書くつもりはないけど
アナウンサー試験は受けてみるつもりです。
[PR]
by inner-_-space | 2005-10-04 02:42 | Diary
スイパク
スイパク行きたかった。
っていまさら、どうしようもないけど。


え?
何の話ですかって?


SuiPAKU(スイパク) とはJR常磐線の水戸駅と土浦駅でやっていたsuica普及企画のことです。


Suicaまるごと展示コーナーがあったり
Suicaカード&グッズがあったり
ゲームをしてペンギングッズを当てたり
特大のSuicaペンギンがやってくる、とかなのです。


生粋のJR愛用客であり(っていうより私鉄&地下鉄が嫌いなだけ。高くてもJR乗っちゃうのだ)
山手線内のキヨスク限定販売のSuicaペンギングッズも買っちゃうほど
Suicaペンギン愛好家の私としては
今回行けなかったのは非常に痛手でした。


しかも水戸と土浦ですよ。
めちゃくちゃ地元です。(広い意味で)


ちょうど展示会のころ(ってか昨日までだったんですけど)、学校やらなにやらで
Suicaのサイトチェックしてなくてですね
スキ有りでしたね。


話が飛びますが
愛知万博に行く時に、東京駅のSuicaステーションに感激して
思わずデジカメで撮っちゃいましたもん。
でも、あなた、Suicaステーションは東京駅だけじゃないですから。残念!


もう一回開催してくれないかなぁ>JR東日本水戸支社さん
頼みますよぉ。。。


嗚呼、私も行きたかったべ。


公式サイト
Suicaで、乗る。買う。暮らす。
[PR]
by inner-_-space | 2005-09-30 02:41 | Diary