ライター : 大学4年。性悪小娘。相変わらずの毒舌だが、そんな僕にも春が訪れそうだ。そろそろアングラの世界からも足を洗おうと思う。少しずつ前に進もう。悲観する過去は、消し去ってしまおう。
by inner-_-space
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2005年 06月 17日 ( 1 )
社会的ひきこもり
福祉の授業。
今日のタイトルは、社会的ひきこもり

先生がパワポを立ち上げると、学生の中からどっと笑いが出てきた。


「ヒッキーだぁ。」
「まじで?」
「ネクラなヤツ多いもんねー」
「引きこもりなんてさ、犯罪者になっちゃうじゃん!」


面白がる者。


「私、何気に引きこもりなんだけど」
「えぇー!!そうなの?見えないけど。」
「いや、全然。だって休みの日とか、家にこもりっぱなしだし。」



全く理解してない者。


そして、最悪なのが、 他人事 なのだろう。
今日の授業中に大声で喋っていた者。


日本の学生のレベルはこんなものか、と嘆きたくなりました。


現在、全国で100万を超える人々が、引きこもりで苦しんでいる
と言われています。
多くが、 19~29歳の若者 であり、全体の 75% が男性です。
現在の引きこもりの平均年齢は 20.4 歳。平均引きこもり期間は 4.3年

現代社会が抱える大きな問題であり、別に私関係ないし、では済まされないのです。


■定義

・就学・就労といった社会参加活動ができない・していない者
・以上の状態が6ヶ月以上続いている
・精神病などではない
・就学・就労はしていなくても、家族以外の他者(友人など)と親密な人間関係が維持されている者は除く


精神科医の斉藤環氏は著書 『社会的ひきこもり』
以下のように定義している。

「20代後半までに問題化し、6ヶ月以上、自宅にひきこもって社会参加しない状態が持続しており、ほかの精神障害がその第一の原因とは考えにくいもの」


■原因、環境

原因は、様々ですが、

 1. 自分の(容姿などの)コンプレックス
 2. 人間関係
 3. 受験
 4. 家庭内暴力
 5. いじめ


などが挙げられます。また、 不登校 を経て引きこもりになるケースも少なくありません。


また、引きこもりになりやすい環境としては

 1. 両親が高学歴である
 2. 母親が(勉強などに)干渉気味である
 3. 思春期の心の悩みがそのまま続く
 4. 人生において大きな挫折を経験した


などが挙げられます。



僕の友人で、不登校になり、引きこもりで苦しんでいた人がいます。
友人は、無事に大学生になって、本当の自分を取り戻し始めましたが
当時は、生きている実感すらないという感じでした。


僕は、斉藤氏の本を読み
斉藤氏が設立した 精神科病院兼デイケア施設 を訪れたことがあります。
船橋にある 爽風会佐々木病院 は、近代的でキレイな建物で、とても病院とは思えないようなところでした。

デイケア の一部を見学させてもらいました。
広いホールに、25~30歳くらいの人たちが
卓球をしたり、料理を作ったり、のんびりと話をしたり、
それぞれが充実した時間を過ごしていました。

当時、高校生の僕が感じたのは
同年代の子が少なかった(その日は全くいなかった)ということです。

デイケアの看護婦さん曰く、20代~30代が主で、高校生などの18歳未満は少ないから
なじめないかもしれないね、と。


学校で居場所を追われて、自宅に逃げ込んだ友人が
デイケアで居場所を見つけられるのだろうか、と思ってしまいました。
20代の輪の中に入っていけるのだろうか、と不安になりました。


引きこもりは、長期化するのが一番やっかいです。
抜け出すきっかけを、デイケアに求めるのも必要だと思います。


日本全国の支援施設は数箇所しかありません。
精神保健福祉センターは都道府県に1箇所です。


知っていますか?
サラリーマンで、うつ病やうつ状態と診断される人々のうち90%が
診断書を軽めに書いてほしいと要求しているということを。
この国では、精神科、精神疾患に対する理解が、今の時代になっても、足りてないのです。


一刻も早く引きこもりから脱するためには
きっかけをつくるための支援施設を増やす ことも大事だと思います。
その前に、 国民の無知を減らす ことが大事だと思います。


勘違いしている人は意外と多いです。
詳しく乗っているサイトがあったので、紹介まで。。


●ひきこもっているご本人の気持ちについて

□ 「怠けたい」と思ってひきこもる人は、まずいません。
□ 「ひきこもっている」ことを誰よりも責めているのはご本人です。

<自分自身について>
 自分自身について、次のような思いを抱いているようです。
□ 「自分は、いったい何をやっているんだろう。」
□ 「このままでいいとは思わないが、どうすればいいのかわからない。」
□ 「社会のレールからはずれてしまった。」
□ 「みんなは、ちゃんとやれているのに自分は・・・。」
□ 「自分はだめだ。」

by ヒント1 「社会的ひきこもり」を正しく理解するには…
京都府サイト>健康・医療>心の健康の為のサービスガイド


今年4月に大阪に中学卒業後から18歳未満が対象の「不登校・ひきこもり」のための児童福祉施設ができましたが
大切なことだと思います。
都会の中のエアポケット。
20代、30代の影に隠れているけど、18歳未満の人たちも深刻なんです。


+++++++++++++++

厳選リンク

全国引きこもりKHJ親の会
http://www.khj-h.com/index.htm

ひきこもりサポートナビ (「ひきこもり」「不登校」「ニート」の方々のサポート)
http://www.hikikomori-navi.com/

湖水 (不登校関連サイトリンク集)
http://www.futoko.com/

Hiki-Link (ひきこもり情報サイト)
http://www.hiki.info/

+++++++++++++++


授業後に、大学の友達と話していたのですが

「やっぱり、ひきこもりってあり得ないと思う」とか
「あたし、週末は、ひきこもりだよ」 と、自慢する子とか・・・いたんですよね、普通に。。


そういう無知、というか無関心が、一番人の心を傷付けるんでないか?と。
友人だったら、そう言うでしょう。
[PR]
by inner-_-space | 2005-06-17 22:53 | Essay