ライター : 大学4年。性悪小娘。相変わらずの毒舌だが、そんな僕にも春が訪れそうだ。そろそろアングラの世界からも足を洗おうと思う。少しずつ前に進もう。悲観する過去は、消し去ってしまおう。
by inner-_-space
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2005年 01月 31日 ( 1 )
戯言
厭世観でいっぱいの時、何かにつまづいた時、
生きていることが馬鹿馬鹿しく感じる時がある。
何のために、誰のために、生きたらいいのか、わからなくなる。
生きる目的を探して、答えは見つからなくて、悪循環。
頭の中はもぅブラックホール。

今のキミはそうなのかもしれない。
それなら、
急いで結果を出さないで、視点を変えてみて。

キミはボクのために生きてよ。
ボクはキミのために生きるから。




などと、何も分からないクセに
分かってそうなコトほざいてみました...。sorry.
[PR]
by inner-_-space | 2005-01-31 00:05 | Essay