ライター : 大学4年。性悪小娘。相変わらずの毒舌だが、そんな僕にも春が訪れそうだ。そろそろアングラの世界からも足を洗おうと思う。少しずつ前に進もう。悲観する過去は、消し去ってしまおう。
by inner-_-space
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
刹那の夢
+ + + + + + +  + + + + + + +
なーんだ。Kさん、カノジョ いなかったんだ。
でも 好きな子とかいるのかなぁ。
私が 恋焦がれてるなんて、きっと知らないだろうけど。
私が 心がどうしようもないほど、バクバクドキドキしてるなんて 知らないだろうけど。
Kさん、今のあなたが忘れなれないよ。
この想い、届けてもいい?届けたいよ。
友達なんかじゃなくてあなたにとっての大切な ヒ ト になりたい・・・。できればだけど・・・。
ムリかなぁ・・・。一度でいいから恋愛してみたい。
最初で最後でもいいと思ってる。この先の命なんてなくていい。

心が痛いよ。凍って痛いんじゃなくて融け出してありのままだから痛いよ。

あなたさえいれば つよくなれる 気がするよ。
あなたさえいれば もう 何もいらないよ。

北海道で本当の自分を見つけた気がするよ。

好きだよ・・・


+ + + + + + +  + + + + + + +


赤LaLa。
失恋から立ち直るには半年はかかるそうですね。
部屋の片付けをしていたら
こんな手紙が出てきて・・・。



私が恋したのは・・・偶然にも JRの 運転士さん でした。
といっても、去年の話です。
そして見事に振られちゃったのですがね。

SHUNちゃん似の彼とは函館で出会いました。
私が一人旅で、彼は運転士さん達の旅行だったみたいです。
優しくて、話も面白くて、すごくすてきな人でした。

一緒に乗ったナイトクルーズ。
お台場&原宿デート。

楽しかった時間はすぐに過ぎていってしまいました。

今は音沙汰無しの運転士さんだけど
向こうで○○線の運転席にいるのかな。

尼崎脱線事故 があって、今JRがすごく叩かれてて
ちょっとのオーバーランでもマスコミが焚きつけたりしていて
乗客の目が厳しくなってて
そんなプレッシャーに耐えながらやってるんだと思うと
・・・やっぱり あなたのことが 心配だよ。

「ダイヤをきっちり守りながら、何百人の命を預かってると思うと、怖くなるし、緊張もするよ。」

かっこいいお仕事ですよね!と軽く言った私に
運転士の大変さを教えてくれたのも、彼でした。


この半年間、電車に乗るたびに思い出してしまいます。
私はいつもJRを使うから
運転席にいる運転士さんがあなただったら いいのにって
思ってしまう自分がいて、必死におさえてました。


EXILEが好きだって言ってたけど
あなたはSHUNちゃんに似てるから
SHUNちゃんの笑顔の向こうにあなたを見出してしまうよ。


元気でいてくれたらそれでいい。
幸せで居てくれたらそれが私の幸せになるから。。
あなたが今悩んでいたら、その悩み、すべて私に降りかかってしまってよ。



だけどね、やっぱり卒業できない私がどこかにいて
あなたのことを思い出にしたくない私がいて

思い出しては さみしくなるよ。



君以外の 他の誰かをまだ
好きになれずにいる 壊れそうで
今は 別々の道だけど 僕はすべてをうけとめる

伝えていいのかも わからない
この気持ち 叶うのかな いつかは
そんなこという権利もない

君は今 何オモウノ...
 


『運命のヒト』 by EXILE


前を向いて笑って生きていくよ。
ずっと応援しているよ。
JRなんて!って言われても気にしないで、
あなたの運転士という誇りを大事に、出発進行してね。

(まじで長いロングラブレター)


[PR]
by inner-_-space | 2005-05-10 03:01
<< プレゼン 尼崎脱線事故。 >>