ライター : 大学4年。性悪小娘。相変わらずの毒舌だが、そんな僕にも春が訪れそうだ。そろそろアングラの世界からも足を洗おうと思う。少しずつ前に進もう。悲観する過去は、消し去ってしまおう。
by inner-_-space
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
バイト
耐え切れなくて、辞めました。


今だから言えることですが
やっぱり、後輩がミスしたことを あざけわらったり
他のホールに言ってみんなで 寄ってたかって 馬鹿にしたり。
そんな環境で半年ガマンしただけでも すごいことかなぁと。


出来る後輩に、辞めたいと吐露した時に
組み立てた積み木がパタパタと音を立てて崩れるように
モチベーションが無くなっちゃったみたいで。


先週の金曜のラストの帰り際に、店長に辞めさせて頂きます、といいました。
「ルール違反だ」とか「責任感がないのか」とか、「お前はまた間違いを犯す」だとか まぁいろいろ言われました。


その日に、バイトで初めてお皿割っちゃったんですよ。
お皿を割る子はかなりいたんですけどね
私の中でお皿やグラスを落としたり、割ったりって言うのは
特別な意味を持っているような気がして
何があっても割らないぞ、みたいな(馬鹿げた)ことに囚われていた
んです。
もちろん、去り際美しくというか、金曜はなるべくミスも少なくして、辞めようと思ってたんですが。。


宴会のお客様が御席の半分を占め、全席満席という忙しさ。
下げ物をしても、洗い場は皿やグラスでいっぱい。
私は左手のトレンチを置きたかったのに
先輩はチーフリーダーと喋っていて夢中になっていて、どいてくれなかった
右手にはチヂミのお皿が4枚ほど、その上に取り皿が計10枚、醤油小皿が10枚と限界で

無理無理って思っていたら左手が耐えられなくて、ガシャーン。
そこに店長もたまたま居合わせていたみたいで。
気がつかなかった私が店長に謝らないまま、破片の片付けをしていたら
見下ろしていたチーフリーダーに「何で店長に謝らないの」とか言われちゃって。
しゃがんで片づけしていたら、気がつかないです普通。こっちは必死だったし。


店長は 「今日の失敗で急に辞めたいなんて認めねぇ」 と。
言わせていただくと、 私11月から辞めたかったんです、みたいな。


まぁ、いろいろとありましたが
無事事務手続も済ませ、ユニホームのクリーニング、靴の処分(持って帰っていいというので近くのコンビニのゴミ箱にぶち込み)して
部屋の壁に貼っていた、新メニューや添え物覚えのための暗記シートも全部剥がしました。
ようやく解放されました。


蕁麻疹も落ち着きました。
ny2004さんを始め、ここに来てくださっているすべての方のおかげで
バイトがすべてじゃないって気づかされました。
ありがとぅ。ありがとぅ。
[PR]
by inner-_-space | 2005-03-25 00:28 | Diary
<< オペラ座の怪人。 バイト >>