ライター : 大学4年。性悪小娘。相変わらずの毒舌だが、そんな僕にも春が訪れそうだ。そろそろアングラの世界からも足を洗おうと思う。少しずつ前に進もう。悲観する過去は、消し去ってしまおう。
by inner-_-space
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
復活
もぅ嫌われちゃったのかもしれないと思いました。もぅダメかと。でも、彼は許してくれました。

今日、大検&受験時代の友達と久しぶりに会って昼ご飯を食べながら話をしました。友達は私より1コ上だけど、すごく優しくて先輩ヅラしないから、ほんといい友達だし、境遇が似ていましたから、共感できるところも多かった。私は、中学の担任から病院に連れて行かれそうになったこと、リスカのこと、クラスメートを殺したいほど憎んだことなど、さすがに浴槽で手首を○ったことは言えなかったけど、でもかなり話してました。向こうも今までの事を打ち明けてくれました。お互いの傷の舐め合いではなく、過去の清算として。思いっきり過去の話をした後で今の話をしました。そこで私は大切なあの人の話をしました。友達は親身になって話を聞いてくれました。スパムと一緒に大事なメールを消してしまった日は、4日間徹夜でその日は2時間しか寝てなくてフラフラだったんですけどそんなこと理由にならないと思ってました。友達はその事を書くべきだよと言ってくれました。友達の助けを借りながらメールを送りました。しばらくして返事がきました。勇気を出して私も返事を送りました。彼は私の気持ちにどこまで気付いているかわかりません。私とその人は隣の県ながら距離にして特急列車を乗り継いで3時間半、在来だと6時間かかります。私がその人のところへ行こうか、あるいはちょうど中間のところで会うか、話してたのですが、彼がわざわざ東京まで出て来てくれると言ってくれて。私たちは明日、お台場に行くことになりました。その人は社会人なので時間があまりとれないのですが、休暇ができたので、と言ってくれました。夢みたいです。もちろん始まったばかりだけど。明日、ヨーロッパ研修のお土産のフランスで買ったたばことドイツの空港で買ったハロッズのくまのぬいぐるみキーホルダーをもってきます。喜んでくれるといいなぁ。そして、撃沈覚悟で告ってみます。
[PR]
by inner-_-space | 2004-11-22 10:00 | Diary
<< 粉砕 恋心 >>