ライター : 大学4年。性悪小娘。相変わらずの毒舌だが、そんな僕にも春が訪れそうだ。そろそろアングラの世界からも足を洗おうと思う。少しずつ前に進もう。悲観する過去は、消し去ってしまおう。
by inner-_-space
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
入学式の写真
私は中高一貫校に通っていました。
しかし私には中学の入学式の写真もなければ高校の卒業式の写真もありません。
入学式前日に祖父が亡くなったため、欠席でした。
1日くらいブランクがあったって友達なんてすぐにできると思ってました。
ところが次の日、教室に入入ったとたんグループの壁を感じました。
「お前だれ?」みたいな視線がそこにはありました。
小学校では割と人気者っぽくみんなを引っ張っていくタイプだったので、私の中で何かが音をたてて崩れました。
それでも、めげずに同じ班の子やバスケ部の子に話し掛けたりしました。
話し掛けるとニコニコ笑って答えてくれるのに、なぜかその場だけの会話で終わってしまうのです。
とにかく友達がほしい、その一心で接した私はいつの間にかクラスの嫌われ者になってしまいました。
担任は私がハブられていたことを知っていました。
ただその理由を、友達ができないという病気のせいだから、と行って病院に連れていこうとしました。
給食の時間、体育の時間、教室移動などひとりぼっちでした。
クラスの中で浮いてるのを認めたくなくて、他のクラスに友達を作ろうとしました。
世間体を気にしたばっかりに。

しばらくして、入学式の写真が出来上がりました。
自分が写ってない写真をもらったって嬉しくありません。
私以外のクラスのみんなは喜んで写真に見入ってました。

以来、入学式の写真なんてとりたくもないし、見たくもありません。
[PR]
by inner-_-space | 2004-11-16 08:32 | Essay
<< 通学 自己嫌悪 >>